ポップアップ
消去


HOME > 公共ます >  公共汚水ます

プラスチック・マスマンホール協会

規格製品一覧

▲ポリプロピレン製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製流入受口取付形公共ます

DXF図面について
注)施工標準図はDXF対応のCADソフトをインストールしていない場合は使用できません。
各規格品のボタンをクリックしてください。DXFファイル形式のCADデータをダウンロードすることができます。
※圧縮してありますので、ダウンロード後、解凍してください。


【 設置標準図面 】

種類 DXF 種類 DXF
横型 縦型

ポリプロピレン製公共ます [PMMS 003(JSWAS K-8対応)]

【 汚水ます底部 】

種  類 略 号 略 図 呼び径 流出形状 DXF 備考
ます径 流入側 流出側 受口形 差し口形
ストレート ストレート ST 300 100 100
350
合 流 90度三方向合流 90WY 300 100 150
350 100 100
100 150
ド ロ ッ プ ドロップストレート DR 300 100 100
ドロップ 90度三方向合流 DR90WY 350 100 150

注.※は日本下水道協会規格品〔JSWAS K-8〕

【 立上り部 】

種  類 略 号 ます径 備考
立上り部 H 300
350
400
450

注.※は日本下水道協会規格品〔JSWAS K-8〕

▲ポリプロピレン製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製流入受口取付形公共ます

硬質塩化ビニル製公共ます [PMMS 004(JSWAS K-7対応)]

【 汚水ます底部(接着タイプ) 】

種  類 略 号 略 図 呼び径 流出形状 DXF 備考
ます径 流入側 流出側 受口形 差し口形
ストレート ストレート段差付 S 200 100 100
125
150
ストレート段差付(大曲り) S-L 200 100 150
合流 45度三方向合流 45WY 200 100 100
125
150
300 100 100
125
150
90度三方向合流 90WY 200 100 100
125
150
300 100 100
125
150
350 100 100
125
150
90度三方向合流 (大曲り) 90WY-L 200 100 150
ドロップ ドロップストレート DRS 200 100 100
125
150
ドロップ45度三方向合流 DR45WY 200 100 100
150
ドロップ90度三方向合流 DR90WY 200 100 100
125
150
300 100 100
125
150
350 100 100
125
150

注.※は日本下水道協会規格品〔JSWAS K-7〕

【 汚水ます底部(ゴム輪タイプ) 】

種  類

略 号 略 図 呼び径 流出形状 DXF 備考
ます径 流入側 流出側 受口形 差し口形
ストレート ストレート段差付 S-R 200 100 100
125
150
合流 45度三方向合流 45WY-R 200 100 100
125
150
90度三方向合流 90WY-R 200 100 100
125
150
300 100 100
125
150
ドロップ ドロップストレート DRS-R 200 100 100
125
150
ドロップ90度三方向合流 DR90WY-R 200 100 100
125
150
300 100 100
125
150

注.※は日本下水道協会規格品〔JSWAS K-7〕

【 立上り部 】

種  類 略 号 ます径 呼び高さ 備考
立上り部 MU 350 800

▲ポリプロピレン製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製流入受口取付形公共ます

硬質塩化ビニル製流入受口取付形公共ます [PMMS 004]

【 汚水ます本体 】

種  類 略 号 略 図 呼び径 備考
ます径 流出側
流入受口取付形 IF 200 100
150

注.※は日本下水道協会規格品(JSWAS K-7)

▲ポリプロピレン製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製公共ます 】【 ▲硬質塩化ビニル製流入受口取付形公共ます

設計・施工のポイント

公共ます設置上の注意事項
● 塩ビ製ふたおよびレジンコンクリート製ふた、合成樹脂製ふたの使用場所は、宅地内に限るものとします。レジンコンクリート製ふたⅠ型、合成樹脂製ふたⅠ型は人のみが通行する場所に用い、Ⅱ型は一般家屋等の駐車場等普通乗用車程度の車両が乗り入れる場所にご使用ください。ただし、宅地内であっても総重量2トンを超える車両が通行する所および不特定多数の車両が進入する場所等は、防護ふたをご使用ください。( 詳しくは技術資料をご参照ください。)

▲PAGE TOP

HOME