ポップアップ
消去


HOME > マンホール >  小型マンホール

プラスチック・マスマンホール協会

適用範囲

資料
小型マンホールの規格と適用範囲

規  格: 日本下水道協会規格 JSWAS K-9
適用管径: 150mm、200mm、250mm
適用箇所: 起点、中間点、屈曲点、合流点、落差点
適用深さ: 最大4m
※ただし、2.0mを超える場合は維持管理を勘案してください。
設置場所: 道路一般・歩道・宅地内
荷重に応じて、鋳鉄製防護ふた(JSWAS G-3)
T-25、T-14、T-8が選択できます。

規格製品一覧

下水道用硬質塩化ビニル製小型マンホール PMMS 005(JSWAS K-9対応)

DXF図面について
注)施工標準図はDXF対応のCADソフトをインストールしていない場合は使用できません。
各規格品のボタンをクリックしてください。DXFファイル形式のCADデータをダウンロードすることができます。
※圧縮してありますので、ダウンロード後、解凍してください。


【 インバート部 】

種  類 略 号 略 図 呼び径 立上り部形状 備考
マンホール径 管径 ゴム輪受口形 DXF 差し口形 DXF
起点 起点 KT 300 150
200
250
屈曲点 90度曲り(右)
90度曲り(左)
90L右
90L左
300 150
200
250
75度曲り(右)
75度曲り(左)
75L右
75L左
300 150
200
250
60度曲り(右)
60度曲り(左)
60L右
60L左
300 150
200
250
45度曲り(右)
45度曲り(左)
45L右
45L左
300 150
200
250
30度曲り(右)
30度曲り(左)
30L右
30L左
300 150
200
250
15度曲り(右)
15度曲り(左)
15L右
15L左
300 150
200
250
合流点 90度合流(右)
90度合流(左)
90Y右
90Y左
300 150
200
45度合流(右)
45度合流(左)
45Y右
45Y左
300 150
200
中間点 ストレート ST 300 150
200
250
落差点 ドロップ DR 300 150
200
250
起点形ドロップ KDR 300 150
200
250
←全てのDXFファイルをダウンロードしたい方はこちらをクリックしてください。(7.20MB)

注.※は日本下水道協会規格品〔JSWAS K-9〕

【 立上り部 】

種  類 略 号 呼 び 適合するインバート部 備考
マンホール径 高さ(m) ゴム輪受口形インバート部 差し口形インバート部
(硬質塩化ビニル製)
差し口形立上り部
MVU 300 0.6
0.9
1.2
1.5
2.0
2.5
3.0
(硬質塩化ビニル製)
ゴム輪受口形立上り部
MVR 300 0.6
0.9
1.2
1.5
2.0
2.5
3.0

注.※は日本下水道協会規格品〔JSWAS K-9〕

設計・施工のポイント

公共ますおよび小型マンホール用防護ふた施工上の注意事項
● 小型マンホール用防護ふたおよび公共ます用防護ふたは以下のポイントに十分留意して設置してください。
(1)埋戻し材の一層の仕上り厚さは、路体部では30㎝、路床部では20㎝を標準とします(下図参照)。

(2) 立上り部周囲の締固めは、全周をランマーで転圧することを推奨します(下図参照)。

(3)防護ふたの高さ調整には、砂を使用しないでください。
粒度調整砕石を十分締固め、所定の高さに仕上げ、防護ふた(台座)の基礎とします。

※高さの微調整は空練りモルタルを用いて行い、砂など流動しやすい材料を使用しないでください(下図参照)。

(4)防護ふたは復旧路面と同じ高さ変化を示します。復旧路面の沈下が予測される場合も、防護ふたと復旧路面は必ず同一高さに仕上げてください。

コンクリート製人孔のように復旧路面より防護ふたを下げた施工はしないでください(下図参照)。


▲PAGE TOP

HOME